【6/21~23】関東ろう者体育大会 第5回フットサル競技に出場しました

2019年6月21日(金)~23日(日)
@山梨県 小瀬スポーツ公園メインアリーナ
6月21日(金)から関東大会が山梨県で行われました。
昨年は、群馬県で4位中2位という結果でした。今年こそは、優勝を!そんな気持ちで、週二回の練習を行ってきました。新加入のメンバーも加え昨年よりレベルアップしたと思います。
結果は、1位 東京チーム
2位 埼玉Bチーム(アレグリーナ)
3位 神奈川チーム
4位 埼玉Aチーム
昨年同様、準優勝という結果でした。9月に鳥取県で行われる全国大会にむけて、また練習をがんばっていきたいと思います。
また、アレグリーナは埼玉県内のみならず県外からも参加している選手が多くいます。今回、アレグリーナとしてではなく、東京チームや神奈川チームとして出場した選手もいます。普段は、味方として一緒に練習していますが今回は、敵チームとして戦えたことは貴重な経験でした。

中西監督、マネージャーの及川さん、奈良選手、川畑選手よりコメントをいただきました。

中西 斗母監督 コメント
今年の関東ろう者体育大会は、6年前オープン競技として開催された会場と同会場でした。殆どの選手が怪我という苦しい事情の中、なんとか準優勝できました。戦力的には段々と拮抗していってるので、どこが優勝してもおかしくない大会でした。ただ、準優勝とは言えど修正点は数多くあるので、1つ1つ修正していかなければいけません。短いオフを経て、休む間も無く7月7日にエントランスリーグが開催されるのでそれに向けて準備を整えていきたいと思います。
応援ありがとうございました。

及川 沙紀マネージャー コメント
マネージャーとして初めての関東大会でした。
不安いっぱいでしたが、選手の皆さんが手伝ってくれたり、試合の様子を写真を撮ったりしました。
怪我をしてる選手がいましたが、頑張ってプレーをしていました。本当に感動しました。
次は全国大会!
2日間、選手達が万全な状態で迎えれるようにマネージャーの仕事を頑張ります!

奈良 佳織選手 コメント
今年も関東大会の季節がやってきたかと思うばかりの試合でした。怪我が多く万全の状態ではないなか、準優勝を得られたのは嬉しいですが、優勝したかったなという悔しさが残ります。ゴレイロとしてチームに貢献しようと挑み、去年より失点も少なく、身体を張れたかなと思っています。初の敢闘賞をいただきましたが、自分の力ではなくチームの皆さんが支えてくださったからこそ取れた賞だと思っています。9月の全国では優勝を果たせるようまた一から頑張ります!応援してくださった方々ありがとうございました。

川畑 菜奈選手 コメント
怪我から復帰して、久しぶりの関東大会でした!予選で神奈川を倒し、決勝へ進みましたが、僅差で負けてしまい、準優勝になりました。でもどの試合も今まで練習してきた守備の形を意識したプレーが出来たので、更に堅固な守備が出来るように全国大会に向けて磨いていきたいです。全国大会ではジャイアントキリングを起こします!応援ありがとうございました!